先輩インタビュー INTERVIEW

村上 歩美 MURAKAMI AYUMI 看護師 医心館盛岡勤務 前職:病院

アンビスに入社した理由は?

盛岡にはない医療特化型の施設ができるということでまず興味を持ちました。患者さんに深く接することができる在宅医療にも興味があったことと、看護師・介護士の垣根のない働き方ができるという点。それにくわえ、人工呼吸管理の知識・看護スキルを高く評価していただき、それを活かして働けることに魅力を感じました。

現在の仕事内容は?

ご入居者様の身の回りのお世話や、医療的ケアを主に行っています。バイタルチェックなど一人ひとりの様子を見ながら、ゆっくりお話をしたり、先生の往診についたり。現場リーダーも兼ねているので、職員への指導や施設の基盤づくりなども行っています。

在宅ホスピス医心館を運営しているアンビスで働くことのやりがいは?

人の話を聞くのが好きなので、患者さんの話にじっくり耳を傾けたり、一緒に悩んだりできることがよろこびです。そして、その人やご家族が望む看護ができ、ここで満足のいく最期を迎えられてよかったと感じるような援助ができたときにやりがいを感じます。

入社前と入社後のギャップはありますか?

ギャップは特にありません。それまで働いていた二次救急医療機関では、日々の業務に追われて一人ひとりの患者さんに向き合うことが難しかったんです。こなしていくだけの看護ではなく、寄り添う看護がしたいと思いアンビスに入社し、今はそれができていると思います。

今後の目標について教えてください

ご入居者様が望むケアが行えるよう日々勉強をしていきたいですね。また現場を任されている立場としては、職員がもっと働きやすい環境を整えていきたい。自分たちが働きやすいと感じる職場だと、きっとご入居者様にとっても居心地のいい施設になるのではないかと思います。

応募者(中途・新卒)へのメッセージを!

アンビスには相談しやすい上司や職員が多いんです。在宅医療の経験がなくても、共に考え、助けてくれる人がたくさんいます。働きながら様々な知識を学ぶことができ、やりがいを感じて成長できる職場。ぜひ、私たちと一緒に働きましょう!

このページのトップへ