先輩インタビュー INTERVIEW

大山ありさ Oyama Arisa 看護師 医心館

医心館でどんな仕事をしていますか?またなぜ医心館を選んだのですか?

介護士さんと一緒に連携を取り、日常生活の援助を行っています。
入居者さまのニーズに合わせて生活スタイルを尊重し、その人に合った援助が行えるように連携を図っています。

前職で終末期看護にかかわっていたとき、患者さまやご家族とのかかわりにジレンマを感じていました。ここに入職した理由は緩和ケアに興味があり、一人ひとり時間を掛けてかかわりたいと思ったからです。

転職してよかったことは何ですか?

時間に余裕ができ、ゆとりを持って入居者さまやご家族一人ひとりとかかわることができるようになりました。感謝の言葉を直接いただくこともあり、やりがいを感じる機会が多くなりました。病院で経験を積んでから施設もいいかなと思ったんですけど、やりたいことが緩和ケアだったので転職してよかったって思っています。

やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

医心館では在宅というスタイルで援助させていただいているので、今までの生活を尊重した生活援助を行っています。入居者さまだけでなく、ご家族やスタッフと話し合い、一緒に悩み、その結果としていい最期が迎えられ「ここにきて最期までいられてよかった」とご家族から言っていただけることに今はやりがいを感じています。

多職種と働くメリットは何ですか?

今までは看護師の目線で、疾患を考えながら看護をしてきました。介護士さんは生活援助を行うことに優れているので「こういう視点もあったんだ」と私にはなかった気づきが得られ、日々学ぶことが多いです。

プライベートはどのように過ごされていますか?

病院では残業が多く、仕事が終わって家に帰るだけの生活でした。今は残業がなくなったので、終業後の時間が充実したと感じています。ジムに行ったり、お友達と会ったり、ご飯を作る機会が増えたりしました。有休も消化しやすいので海外旅行に行く予定なんです。

あなたの夢は何ですか?

医心館では神経難病の方と長期間一緒に過ごすことができます。長くいるからこそわかってくることがあり、今何を求めているのかがわかってくるんです。神経難病の症状が進む中で、その方をお支えつつ、援助方法をスタッフで話し合っていく過程にもやりがいを感じています。入居者さんと1年間を通じて春夏秋冬の季節を一緒に楽しんでいけたらいいなと思っています。それが今の私の夢です。

株式会社アンビスホールディングス - RECRUIT SITE -

このページのトップへ