先輩インタビュー INTERVIEW

増子信子 Mashiko Nobuko ケアマネジャー 医心館

医心館でどんな仕事をしていますか?またなぜ医心館を選んだのですか?

ケアマネジャーの仕事をしています。入居者さまが医心館で過ごすにあたりサービス調整や関係機関との調整などを行っています。ご入居さまとご家族が望む療養生活を送ることができるようにサポートさせていただいています。

前の職場では、障害がある子どもや大人、認知症のある方の支援を中心に13年間勤務しました。ふと気づくと子育ても一段落し、次のキャリアを考え、今まで経験したことがないことに挑戦してみたいと思うようになりました。若いときに友人をがんで見送る経験をし、以前から終末期ケアに興味がありました。そのようなときに、医療施設型ホスピス『医心館』が宇都宮にできることを知り、チャレンジしてみようと思い応募しました。

医心館に入職してよかったことは何ですか?

ケアマネジャーができるサポートはささやかなものだといつも感じています。ささやかなサポートの中でも入居者さまやご家族の方にたいへん感謝されたとき、医心館に就職したからこそ味わえた貴重な体験だと思い、入職して良かったと感じます。自分の役割はささやかなんですけど、それがきっかけで皆さんが笑顔になれる瞬間が、私はものすごく好きなんです。

やりがいを感じる瞬間を教えてください。

いろいろなことを諦めてご入居される方がすごく多いんです。でもやっぱり「ああしたい、こうしたい」と要望を打ち明けてくださることがあるんです。それをどうにか叶えられないかとスタッフ皆で考え、実行できたとき、その喜びを皆で分かち合えるんです。その瞬間はものすごく嬉しいですし、やりがいを感じるところです。

医心館で多職種といっしょに働くメリットは何ですか?

多職種の方と働くことで、自分では気づかない面を意識できるようになりました。医心館ではすぐそばに看護師や介護士、リハビリのスタッフがいるので、コミュニケーションが取りやすく、適宜話し合いができる環境にあります。連携がうまくいったときはものすごい力が発揮できます。多職種の方、関係者皆で共有できてこそ生まれてくるメリットがあるんです。

プライベートはどのように過ごされていますか?

休みの日はカフェ巡りをしています。気に入っているカフェがあって、そこにひとりで行ってくつろいでいます。いろいろな方とかかわる仕事なので、無になる時間も必要だと思うんです。家に戻っても仕事のことを考えてしまうので、何も考えない時間をとることでバランスがとれるようになるんです。そういう時間を大切にしています。

あなたの夢は何ですか?

西川悟平さんというすごく素敵なピアニストがいらっしゃいます。ジストニアという疾患をお持ちで、7本の指しか動かないんですけど、感動的な演奏をされる方なんです。宇都宮で演奏してもらいたいと本気で考えているんです。この方がリサイタルで「僕の夢はオリンピックやパラリンピックの舞台で演奏すること」と言っていました。「言わないと夢って叶わないから」と仰っていたので私も今言葉にしました。

株式会社アンビスホールディングス - RECRUIT SITE -

このページのトップへ