先輩インタビュー INTERVIEW

綿鍋想 Watanabe Sou 介護職 医心館

医心館でどんな仕事をしていますか?またなぜ医心館を選んだのですか?

排泄介助や食事介助などの基本的な介護業務はもちろんですが、看護師と連携して医療依存度の高い方の心身のケアや看取りも行っています。また、その季節に合わせたイベントを企画し、入居者さまが心豊かに過ごせるようなサポートも行っています。

父方の祖父が晩年ホスピスに入っていたこともあり、終末期の緩和ケアに昔から興味がありました。ここは厳密にホスピスではありませんが、看護師とともに、入居者さまの最期のその瞬間までサポートできるので、そこに魅力を感じ入職を決めました。

医心館に入職してよかったことは何ですか?

他の施設と比べて居室の数が少ないので、一人ひとりの方と多くの時間を過ごせることが魅力だと感じています。入居者さまとの何げない会話も楽しいです。あとはやはり給与面でしょうか。介護業界の中では高い方なので、生業としていく以上、これも大切な要因のひとつです。

やりがいを感じる瞬間を教えてください。

入居者さまの笑顔や労いの言葉をいただいたときにやりがいを感じます。「ありがとう」はもちろん「大変だね」などの言葉をいただいたときも、嬉しい気持ちや感謝の気持ちとともに、もっと頑張らなければと改めて思います。

医心館で多職種といっしょに働くメリットは何ですか?

人間相手のため状況は逐一変化するので、違う視点や柔軟な考え方が非常に大切だと思っています。医療面に関しては看護師から学ぶことはたくさんありますし、生活面では介護士が看護師にアドバイスすることもあります。医心館の看護師はみな人柄も良く、看護師と介護士が対等に働けているのでとても良い環境だと思っています。

プライベートはどのように過ごされていますか?

妻が出産を控えていることもあり、今はふたりでゆっくり過ごすことが多いです。体調もだいぶ落ち着いてきたのでふたりで出かけたりもします。たまに優れないときは私が家事をして妻を支えています。自分ひとりの時間としては、もともとインドアなのでゲームをしたり音楽を聴きながら本を読んだりしています。仕事がシフト制なので勤務時間こそバラバラですが、残業がほとんどないので予定は立てやすいです。

あなたの夢は何ですか?

入居者さまの中には「こんなところに入ることになってしまって…」と落ち込んでしまう方も少なくありません。そんな暗い気持ちを払拭できるような明るく綺麗な環境作りに取り組みたいです。そして私自身としては、入居者さまから信頼され、互いに笑顔になれるような関係を築ける人間になりたいと思っています。

株式会社アンビスホールディングス - RECRUIT SITE -

このページのトップへ