先輩インタビュー INTERVIEW

小山久美子 Koyama Kumiko 地域連携看護師 医心館

医心館でどんな仕事をしていますか?なぜ医心館を選んだのですか?

医心館への入居相談や入居までの調整、病院や施設へ赴き医心館の魅力を伝える営業活動を行っています。
前職では大学病院のICUに勤務し、これまでICU看護以外に興味を持つことはありませんでした。そんな中たまたま医心館のHPを見つけ、理念や考え方に強く惹かれました。その人らしさを尊重しながら最期を迎えられる医心館に魅力を感じ、転職することを決意しました。

転職してよかったことは何ですか?

入居相談を通して、ご家族から様々な思いや不安をお聴きすることがあります。なかには診断を受けたばかりで、病状の受容ができていないお辛い状況でご相談に来られる方もいらっしゃいます。医心館の特徴や魅力をお話させていただく中で、入居者さまやご家族の方々の意思決定に少なからず携わることがあります。前職で、患者さまやご家族へのケアに心残りがあったので、今こうして入居者さまやご家族の意思決定支援に携われることにやりがいを感じています。それが、医心館に就職してよかったと感じるひとつです。

やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

病院は治療の場なので、治療以外のことは制限されてしまうことが多々あります。医心館は生活の場所なので、訪問診療医と相談しながら、その方の生き方を支援していきます。現場スタッフの協力のもと、生活の自由度が上がり、QOLが向上する方もたくさんいらっしゃいます。ご入居後に表情が明るくなった方やご入居前よりも穏やかに過ごされている姿を拝見したとき「この仕事をしていて良かった!!」と思います。また、入居者さまだけでなく、ご家族の介護負担が減ることでご家族の表情が明るくなったり、涙を流されながら感謝の言葉をいただくこともあり、入居者さま、ご家族の方から「医心館を選んで良かった」と思っていただけることがやりがいに繋がっています。

多職種と働くメリットは何ですか?

多職種と連携することで、それぞれの視点から物事を捉えることができ、多くの気づきが得られます。また、各職種の距離感が近いので、すぐに相談や連携を図ることができるというメリットもあります。医心館のスタッフは、様々な病院や診療科、施設で経験を積まれた経験豊富な方が多いので、多職種かつ経験に基づいた視点から意見を出し合い、入居者さまをお支えできるところもメリットだと感じています。

プライベートはどのように過ごされていますか?

旅行が好きなので、まとまった時間がとれるときは、沖縄や北海道に行くことが多いです。普段はランニングをしたり映画を見たり音楽を聴くなど、リラックスした時間を過ごしています。不規則な勤務ではなくなったので、友人との予定も立てやすくなり、以前よりプライベートが充実しました。

あなたの夢は何ですか?

最近、医心館へご入居された方のお知り合いからお問い合わせをいただくことがあり、人から人へ医心館の魅力が広まっていくことに喜びを感じています。もっとたくさんの方に医心館を知っていただき、より地域に根差した施設になるよう努めていきたいです。

株式会社アンビスホールディングス - RECRUIT SITE -

このページのトップへ