先輩インタビュー INTERVIEW

佐藤友子 Sato Tomoko 看護・介護管理者 医心館

医心館でどんな仕事をしていますか?なぜ医心館を選んだのですか?

訪問看護・訪問介護ステーション管理者をしています。
住宅型有料老人ホームである医心館内に、訪問看護ステーションと訪問介護ステーションがあり、外部の訪問診療医や薬局、ケアマネージャーと連携し、各々のサービスを提供するという新しいスタイルに興味を持ちました。また、在宅療養が難しくなられたがん末期や神経難病などの医療依存度の高い方を受け入れてケアを提供するという点で、急性期病院での勤務経験や、緩和ケア病棟や外来化学療法室などで学び得た知識やスキルが活かせるのではないかと思いました。病院勤務のときにもいくつかの新部署立ち上げに携わった経験があり、一から作り上げていくことの大変さも実感してきました。ですが、それ以上に、スタッフ皆で協力し意見を出し合って形を作っていくプロセスで得られるやりがいや一体感を体験しており、オープニングスタッフとして入職することも魅力的でした。管理者としての職責を全うできるかどうかの不安はありましたが、チームワーク良く働きやすい職場環境づくりのためのマネジメントに挑戦してみたいと思いました。

転職してよかったことは何ですか?

新たな挑戦への不安は大きかったのですが、拠点の運営に関してはスーパーバイザーとして本社運営部やコンプライアンス部などの方々に相談し、アドバイスや支援がいただけるので、安心して勤務できるということが医心館を選んで一番良かった点です。また、病院勤務では知り得なかった多職種との関りを通してネットワークが広がり、新たな知見が得られることに喜びを感じています。

やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

ケアの方向性や症状コントロールについてカンファレンスを行う際に、スタッフへのアドバイスを行い、皆でケアマネジメントができた時には、これまでの経験が活かされていると思いモチベーションが上がります。さらに、入居者さまやご家族から「ここに来て良かった」と言っていただいたときや、感謝や労いの言葉をいただいたときに、良いケアが提供できていると感じ嬉しくなります。

多職種と働くメリットは何ですか?

入居者さまを治療という視点だけでなく生活者としての視点で捉え、それぞれの職種の特徴を活かした多様な視点での意見が得られることです。そのことにより、ケアに深みができると思います。

プライベートはどのように過ごされていますか?

お休みの日には、友達や家族とランチやドライブに行ったり、録画しておいたテレビドラマをまとめて観たりしてリフレッシュしています。

あなたの夢は何ですか?

日々の業務を丁寧に行い、自分が納得できる結果が残せるような仕事をしていきたいと思います。
また、スタッフが生き生きと働ける職場つくりはもちろんですが、共に学び合い成長できる職場つくりを目指したいです。

株式会社アンビスホールディングス - RECRUIT SITE -

このページのトップへ