先輩インタビュー INTERVIEW

堀真紀子 Hori Makiko 医療・介護保険請求事務 医心館

医心館でどんな仕事をしていますか?なぜ医心館を選んだのですか?

新しく入居される方への契約説明、入居者さまへの利用請求や保険の請求関係、入居者さまやご家族とお話をしたり、面会者や来客者への対応、スタッフの勤怠管理や必要な物品の手配などをしています。

私の祖母が大腸がんを患い、入院先の病院から退院するとき、受け入れてくれる施設がなく、訪問看護サービスやショートステイなどの介護サービスを利用しながら、自宅で祖母を看取ることができました。県内に医心館ができることを知り、このような施設を望んでいる方が大勢いることを自分の体験を通して痛感していたので、お世話になった分「恩返しがしたい」「入居者さまやご家族、スタッフのお役に立ちたい」と思い医心館を選びました。

転職してよかったことは何ですか?

以前はデイサービスの相談員として働いていました。医心館の事務職として働くことになり、医療用語や仕事内容がわからないことばかりでした。でも、すぐそばには医療のことを教えてくれるスタッフがいて、ほかの施設の事務の先輩方や本社の方がいつも優しく丁寧に教えてくださるので安心して働くことができています。入居者さまへの思いやりを持ったスタッフに囲まれ、温かい気持ちで仕事に取り組むことができ、転職してよかったと感じています。

やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

ケアに関しては、自分には何もできないと思っていましたが、ご逝去されたご家族の方から「あなたの笑顔に救われました」との言葉をいただいたことがありました。入居者さま、ご家族に直接ケアすることはなくても、こうして私にもできることがあるのかなと感じ、嬉しい気持ちになりました。それが私にとって喜びであり、医心館でのやりがいを感じるところでもあります。

多職種と働くメリットは何ですか?

ともに働く方々は、私の知らない知識や私にはない技術を持っている方たちばかりなので、たいへん勉強になります。それぞれの職種の経験や知識を踏まえて互いに意見を出し合い、いろいろな視点から入居者さまのために考えている姿を見ると素敵だなと感じます。

あなたの夢は何ですか?

語れるほどの夢はないのですが、『一日一日一瞬一瞬を大事に』過ごしていきたいと思っています。入居者さまやご家族とかかわる際も、『一瞬一瞬を大切に丁寧に』関わりたいと思っております。 

株式会社アンビスホールディングス - RECRUIT SITE -

このページのトップへ