先輩インタビュー INTERVIEW

稲田 精司 INADA SEIJI 介護士 医心館第二運営部 部長 前職:老人保健施設

アンビスに入社した理由は?

高齢化社会に伴い、介護はこれから多くの人の役に立つ仕事だと思いこの業界を志しました。専門学校を卒業後、老健などの施設の職員として約15年間携わり、現場主任をやってきました。しかし、前職ではもうそれ以上の役職がなかったんです。アンビスを選んだ一番の理由は、ステップアップして行けると思ったから。これからの自分自身のキャリア形成を考え、入社を決めました。

現在の仕事内容は?

会社が急成長を続けているという背景もあって、現在は任されたことをなんでもやっているという状況です(笑)。エリアマネージャーとして施設の立ち上げに携わり、管理・運営業務や他業種との連携、調整、お客様への対応、また必要に応じて介護士として現場にも入るなどフレキシブルに働いています。

在宅ホスピス医心館を運営しているアンビスで働くことのやりがいは?

医療依存度の高い方の受け皿というのは世の中に少なく、どこの施設にも入ることができず困っている高齢者の方が大勢いらっしゃいます。そういう方を受け入れ、看護師が24時間在中する安心を提供する医心館の業務は、社会貢献度の高い仕事。ご家族様から感謝の言葉をいただくことも多く、やりがいを感じる瞬間ですね。

入社前と入社後のギャップはありますか?

これまではずっと現場に携わってきたので、運営業務にも携わる今は試行錯誤の連続。対外的な仕事や調整、申請書類の作成など今まで経験してきたことのないことが多く覚えることが大変ですが、新しいことにチャレンジできるのでそれが楽しくもあります。

今後の目標について教えてください

キャリア的な面でステップアップしていきたいという思いで入社して約1年。現場のみならず、施設の運営や管理、エリアマネージャー等、自分でも思ってもみないぐらい本当にいろいろなことをやらせてもらいました。だいぶ駆け足にはなりましたが(笑)、アンビスでないとここまでの経験はできなかったと思います。今後も前向きに、会社の経営についてなども学んでいきたいですね。

応募者(中途・新卒)へのメッセージを!

アンビスにはベテラン・中堅どころの看護師や介護士が多いので、学ぶことも多いと思います。経験者の方はもちろん、新卒の方も安心して入って来られる環境づくりをすすめています。やる気のある方であれば、きちんと評価をしてもらえる会社なので「チャレンジしてみよう」という意気込みのある方は、ぜひ来てください!一緒に働いて、一緒に会社を良くしていきましょう。

このページのトップへ