先輩インタビュー INTERVIEW

橋本昌弥 Hashimoto Masaya 看護師 医心館

医心館でどんな仕事をしていますか?またなぜ医心館を選んだのですか?

入居者さまの食事や排泄などの日常生活の援助から、往診医の指示に沿った点滴投与などの医療処置を行っています。またバイタルサイン測定や日常の観察から入居者さまの病状の変化を見逃さないようにしています。

療養の環境は病院だけでなく退院した後も必要であり、そこにかかわりたいと思っておりました。そんなときに、慢性的に療養の必要な方や終末期の方の受け皿となっている医心館と出会い、転職を決意しました。

転職してよかったことは何ですか?

病院勤務のときは入退院が激しくて、かかわることがないまま退院される患者さまが少なくありませんでした。医心館ではじっくり一人ひとりと向き合うことができるようになり、自分が望んでいた看護ができるようになりました。また、他の有料老人ホームと比べ、在宅医療を行っているため基本的技術を落とさず働くことができる点も魅力です。

やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

日頃のケアに対し、入居者さまから感謝の言葉をいただいたときや、頼りにされたときにやりがいを感じます。男性看護師ならではのかかわりも心掛けています。男性の入居者さまから「同性だから話しやすい」と言われることが多々あり、男性看護師の役割を感じています。

多職種と働くメリットは何ですか?

介護職の方々の細かい情報提供で気づくこともたくさんありますし、入居者さまにとって何が必要なのかを一緒に考えることができます。物品やサービスであればケアマネージャーとすぐにコンタクトがとれ、一人ひとりにあったサービスを提供することができます。ケアマネージャーと接する機会が増え、今まで知らなかった知識を得ることができています。

プライベートはどのように過ごされていますか?

残業も少なく自分の時間が増えました。家に帰って映画や海外ドラマ観たり、休みの日には車で遠出することもあります。家に持ち帰るような仕事はないので、『何もしない時間』ができ、その時間を大切に過ごすようにしています。

あなたの夢は何ですか?

一つひとつ目の前のケアを大切に取り組み、結果的に入居者さまの安心に繋がればいいなと考えています。個人的には大きな夢はありませんが、夢を叶えるには常に気持ちが平穏でバランスが保てることが大事だと思います。そのためにも、医心館では楽しく働くことを心掛けています。

株式会社アンビスホールディングス - RECRUIT SITE -

このページのトップへ