先輩インタビュー INTERVIEW

大原康代 Ohara Yasuyo がん性疼痛看護認定看護師 医心館

認定看護師として、医心館でどんな仕事をしていますか?

主に看護スタッフとして業務に従事しています。がん終末期の入居者さまを受け持ち、その人らしさを大切にしています。入居者さまが何を求めているのか、生活に支障を及ぼしていることは何かを常に考え、他の看護師と情報共有し看護介入に役立てています。他には、認定看護師として各地の医心館にも訪問しています。入居されているがん終末期の方の居室を訪問し、がん性疼痛をはじめとした苦痛緩和のために、医心館職員と情報交換を行いながら、看護師への実践・指導・相談を行っています。

なぜ医心館を選んだのですか?

今まで長い間、急性期総合病院で勤務してきた中で、在宅療養を希望しているにもかかわらず病院で過ごし、旅立たれていく患者さまを多くみてきました。「この方の希望する最期だったのだろうか?」と疑問を感じることが多々ありました。病院の多忙な時間の中で、ゆっくり患者さまと向き合うことができず、自分の働き方を考えるようになっていきました。そんな時、医心館のコンセプトである「ひとりにはしない」という考えに共感し、ここなら自分のやりたい終末期看護を思う存分できるのではないかと考え医心館を選びました。

転職してよかったことは何ですか?

時間に余裕ができたことがいちばんよかったことです。その結果、心にもゆとりを持つことができ、自然と笑顔も増え、自分らしさを大切にできるようになりました。

認定看護師として、やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

自分が行った看護を、若い看護師が実践している姿を見たり、看護師のアセスメント力が向上していると感じたとき、非常に嬉しく思います。

認定看護師として、今後どのような活動を行っていきたいですか?

年齢に関係なく、すべての看護師が一定の水準のがん看護に関する知識を持ち、アセスメントできるようにがん看護の質の向上に努めていきたいです。

あなたの夢は何ですか?

看護師を続けていくことが、いちばんの生きがいです。
定年退職後は、綺麗な海の見える島へ移住して老後を過ごしたいと思っています。

株式会社アンビスホールディングス - RECRUIT SITE -

このページのトップへ