先輩インタビュー INTERVIEW

尾﨑静香 Ozaki Shizuka 緩和ケア認定看護師 医心館

認定看護師として、医心館でどんな仕事をしていますか?

専門性の高い看護師との同行訪問(以下、同行訪問)を行っています。

なぜ医心館を選んだのですか?

終末期ケア(EOL)の実践ができることが第一の理由です。病院の緩和ケアでは、がんに限定された緩和ケアでしたが、医心館(施設)においては人生における終末期を対象とした緩和ケアとなります。看護だけでなく、介護もケアの提供者として一緒にケアを実践していくことに、これまでとは違うやりがいを見出せるのではないかと思い選びました。

転職してよかったことは何ですか?

看護と介護がそれぞれの専門性を駆使して協働することの難しさを知ったことです。医心館では“看護師”と“介護士”がそれぞれの専門性をもって協働しています。しかし医心館にご入居される方は医療依存度が高く、協働の難しさを感じることもあります。「入居者様のためにできることは何だろう」と日々模索しています。将来の医療と福祉の協働モデルを作る過程にいることに価値を感じています。

認定看護師として、やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

同行訪問で入居者の苦痛を知り、何かひとつの工夫、提案によって、入居者の苦痛がほんの少しでも緩和されたとき「よかった」と思います。そして、工夫、提案の意味を看護、介護に理解してもらえた時にやりがいを感じます。

認定看護師として、今後どのような活動を行っていきたいですか?

全国の医心館の終末期ケアの質の底上げ、簡単に言うと“教育”です。教育というと堅苦しく一方的な感じがするのですが、看護も介護も「もっと何か出来たことがあるんじゃないか」という後悔がないよう、入居者さま、ご家族と「こんなことあったね」と思い出話をしながら、最期まで関わることができるチームを作ることができたらいいなあと思っています。

あなたの夢は何ですか?

心身ともにきれいに健康的に老いていくことです。

株式会社アンビスホールディングス - RECRUIT SITE -

このページのトップへ