先輩インタビュー INTERVIEW

久保 佳世 KUBO KAYO コーディネーター 事業企画部 地域連携室 東海エリア 前職:クリニック

アンビスに入社した理由は?

全国展開を視野に入れているアンビスでは、様々な場所で経験を積めると感じたから。
また、医療依存度の高い患者さんを積極的に受け入れたいという社長の志に感銘を受けました。重い疾患により、施設に入りたくても入れない。でも、自宅で生活することも難しい。──そういった方にとって、アンビスは本当に必要な場所だと思います。

現在の仕事内容は?

コーディネーターとして、医心館でご家族からの入居相談をはじめ、ご入居に合わせ各関係者への連絡・調整業務を行っています。各病院やケアマネージャー、医師、クリニック等とのパイプ役として、外部の方とお話をすることが多いですね。また、病院や居宅介護支援事業所などを周り、医心館を紹介する営業活動も行っています。

在宅ホスピス医心館を運営しているアンビスで働くことのやりがいは?

「ターミナルケアをやりたい」と思って入社したわけではありませんでした。しかし、介護の仕事に従事する以上、最期は「看取り」を避けて通るわけにはいきません。印象に残っているのは、親御さんの看取りがきっかけで疎遠になっていた子ども達がこの施設に集まって、みんなに見守られるなかで息を引き取ったご入居者様。いろんな思いが込み上げてきて、そこに携われてよかったと思いました。

入社前と入社後のギャップはありますか?

新規にオープンする施設が続々とあり、数ヶ月で異動になったこと。転勤があるとは聞いていましたが、思ったより早かった(笑)。だけどおかげ様で、短期間ずつではあったけれど様々な施設に関わることができ、多くのスタッフやご入居様、ご家族様、クリニックの方と出会うことができました。

今後の目標について教えてください

社会福祉士の資格を取得し、医療・福祉の制度や医療専門用語など、更に知識を身につけていきたい。また、常にいきいきと楽しく仕事をしていたいと思います。ご相談にこられた家族に寄り添って、きちんとお話ができるまでの関係を短い間でも築いていけるよう努力したいですね。

応募者(中途・新卒)へのメッセージを!

目標を持ち、人生の設計図をつくってください。アンビスには仲間がいて、しっかりとした会社の考え方があります。また常に前を見据え、新しい事業を展開する介護のベンチャー企業です。人の最期に関わるということは、つらい面もありますがその反面得られるものがとても多い。私自身、ここでいろいろなことを学ぶことができました。

このページのトップへ