先輩インタビュー INTERVIEW

上田 順子 Ueda Junko がん性疼痛看護認定看護師 医心館

認定看護師として、医心館でどんな仕事をしていますか?

ご入居者さまの痛みの緩和のため、痛みの評価や薬の使い方をスタッフと一緒に考えています。
また、往診医への伝え方などを助言しています。
緩和ケアを行うために必要知識の勉強会も始めました。

なぜ医心館を選んだのですか?

病院勤務の時に、療養場所の意思決定に関わる中で、病院以外で緩和ケアが提供できる場所の必要性を感じていました。医療施設型ホスピスに興味を持ち、医心館を選びました。

転職してよかったことは何ですか?

治療や入院期間に追われることなくゆっくり関わることができ、「その人らしさ」を支えるケアができることです。

認定看護師として、やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

緩和について悩んでいたスタッフが『よい看取り』を経験し、「緩和ケアについて理解ができた」と話してくれたときです。

認定看護師として、今後どのような活動を行っていきたいですか?

その人らしく生活することを支えるために、ご入居者さまの苦痛の緩和が図れ、施設全体のケアの質が上がるように一緒に学んでいきたいと思っています。

あなたの夢は何ですか?

緩和ケアは、チーム医療が基本です。
その方を支えるために、地域全体の緩和ケアの質が上がることです。

株式会社アンビスホールディングス - RECRUIT SITE -

このページのトップへ