先輩インタビュー INTERVIEW

鈴木 美樹 Suzuki Miki 皮膚・排泄ケア認定看護師 医心館

認定看護師として、医心館でどんな仕事をしていますか?

 スタッフとして勤務をしながら、私の専門分野である褥瘡等の創傷・ストーマ・失禁に関してスタッフへのアドバイスや、ご入居者さまへのケアの実践を行っています。

なぜ医心館を選んだのですか?

 私は、医心館に転職するまで急性期病院で勤務をしていました。急性期病院では手術や検査の患者さまが優先されてしまい、終末期患者さまに対して自分が思うようにかかわる時間を持つことができずに、『私がやりたい看護は何なのか』と思うようになりました。そんなとき、偶然医心館のホームページを見つけ、事業内容を読んでいるうちに私が目指している看護ができると思い、医心館を選びました。

転職してよかったことは何ですか?

 急性期病院の慌ただしさから解放され、ご入居者さま一人ひとりとかかわる時間が増えたことです。また、前職では通常の看護師業務と認定看護師の活動以外にも任された仕事があり、自宅に持ち帰る仕事や残業がとても多く、身体的・精神的に余裕がありませんでした。転職してからは持ち帰る仕事や残業が少なくなり、充実した日々を過ごせるようになりました。

認定看護師として、やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

 私が所属している医心館は終末期のご入居者さまが多いので、看護師・介護士が連携して褥瘡を発生させることなくお看取りさせてもらったときにやりがいを感じます。

認定看護師として、今後どのような活動を行っていきたいですか?

 終末期や高齢者のご入居者さまは栄養状態の低下等様々な因子が重なり、容易に皮膚トラブルを発生しやすい状態にあります。そして、一度皮膚トラブルを発生させてしまうと治癒が難しいため、早い段階での予防ケアが重要になります。看護師・介護士の皮膚トラブルの予防ケアに関する知識の向上と実践ができるように活動していきたいと思います。

あなたの夢は何ですか?

 皮膚・排泄ケア領域で問題を抱えている全てのご入居者さまが、質の高いケアを受けることでその方のQOLが向上し穏やかな入居生活を送っていただくことです。
もうひとつは、趣味の旅行が続けられるように健康に働き続けることです。

株式会社アンビスホールディングス - RECRUIT SITE -

このページのトップへ