先輩インタビュー INTERVIEW

及川 聡範 Oikawa Akinori 看護師 医心館

医心館でどんな仕事をしていますか?

 介護士・生活支援員と協働し、ご入居者さまの日常生活の援助や、往診医の指示のもと医療処置をおこなっています。また、スタッフ間で情報を共有しながら、往診の医師や薬剤師、ケアマネージャー、その他コメディカルスタッフや外部機関とも連携を図り、ご入居者さま・ご家族さまのご希望、お気持ちの変化やお身体の状態に合わせたケアや医療介護サービスを提供しています。

 

なぜ医心館を選んだのですか?また、転職してよかったことは何ですか?

 病院で「治療を受ける人」ではなく、地域の中で自分らしく暮らす「生活者としての人」の看護、特に緩和ケアにかかわりたいと考えていたときに医心館を知りました。これまで急性期の経験しかないため不安もありましたが、医心館の施設見学後に施設管理者から『医心館だからこそ最後まで寄り添い関わっていける。「ひとりにしない」看護ケアが実践できる。』と、熱い話を聴くことができました。それを聞いて、この場所なら必ず自分自身成長し、ここでしかできない緩和ケアが実践できると考え入職を決めました。

 転職してよかったことは、ご入居者さま・ご家族さまとしっかりとかかわることができ、喜びやつらさを共有できる時間があることです。また、様々な分野で経験を積んだスタッフがいるため、判断に迷う状況でもすぐに相談し助言をもらえます。医療施設型ホスピスで働くことが初めてで、緩和ケアの経験が少ない私にとっては大変心強い環境です。

やりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

 日々のかかわりの中で、ご入居者さまが笑顔になってくださった時にやりがいを感じます。
居室に入って、その日最初の「今日一日よろしくお願いします」という挨拶をしたときにニコニコしながらご入居者さまから返事を返していただけた時は、特に元気が出ます。

多職種と働くメリットは何ですか?

 看護師としての視点だけでなく、多職種の視点からご入居者さまの状態を観られることが最大のメリットだと感じています。特にご入居者さまを一番身近にサポートしている介護士さんからの情報は、私になかった視点からの気づきも多く、日々学ばせていただくとともに、入居者さまの状態の変化をキャッチするうえでとても重要だと感じています。

プライベートはどのように過ごされていますか?

 新型コロナウイルスへの感染リスクを減らすため、自宅で過ごすことが多いです。最近はベランダで家庭菜園を始めたので、夏に野菜の収穫ができることを楽しみにしています。なかなかお酒を飲みに行けなくなってしまったので、友人とリモートで楽しんでいます。

あなたの夢は何ですか?

 ご入居者さま・ご家族さまが安心してその人らしく療養できるように、最期まで寄り添う看護を提供できるようになりたいです。そのためにも一つひとつのかかわりを大切にし、緩和ケアについてより深く学んでいければと考えています。

株式会社アンビスホールディングス - RECRUIT SITE -

このページのトップへ